FC2ブログ

キャンピングカーで「紅葉の京都」を訪ねる

紅葉まっ盛りの京都に行ってきました。
キャンピングカーというと、自然のなかで好きな場所を見つけて、あるいは「道の駅」などで車中泊というのが定番なのですが、あえて都会の観光に使ったのです。

11月19日、金曜日の午後9時半に東京を出発。国立府中インターから中央道に乗り、西を目指します。
長野県の飯田まで辿り着いたところで、午前2時。眠くなってきたのでパーキングエリアで車中泊しました。
翌朝、ドライブを再開して、昼頃京都着。

京都は、パークアンドライドという政策を推進しています。「遠くからクルマで来てもいいけど、郊外の駐車場に停めて、市内は電車・バスで廻ってほしい」との意図です。
その推進サイトで紹介されている、六地蔵駅前のイトーヨーカドーの立体駐車場にクルマを停めました。

191.jpg


駐車料金は1日300円です。
で、六地蔵には地下鉄が通っているので、地下鉄とバスのフリー乗車券を買って、市内を巡ったのです。

先週末は、京都盆地内の紅葉が見ごろで、たいへん美しい風景が眺められました。

282.jpg


332.jpg

(写真、2枚とも真如堂)

ね、いいでしょ?

20日の夜は、イトーヨーカドーの立体駐車場で車中泊をする訳にもいかないので、市内のゲストハウスに泊まりました(京都はおろか、大阪、神戸、奈良、大津に至るまで、ホテルが全館満室だったので)。
21日も午後まで南禅寺などをブラブラしてから、六地蔵に引き返し、クルマに乗って東京へ向かいました。
京滋バイパス→名神→新名神→国道1号線→伊勢湾岸道→東海環状道→中央自動車道と、渋滞を避けながらのドライブは、533km、8時間半に及びましたが、日曜深夜には何とか帰宅。月曜はフラフラになりながらも出勤したのです。

高速料金は土日割引の片道1000円で(復路は、渋滞回避のためいったん一般道に降りたため、約2000円)、ガソリン代が片道約4000円。
軽の商用車で関西まで運転するのは大変な部分もありましたが、何年かに一度見られるかどうかの紅葉を観ることができて、楽しい旅でした。

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード