FC2ブログ

車中泊

やっと涼しくなってきましたね。

今年は猛暑で、旅に出る気力もなくなっていたのですが、キャンピングカーによる旅行も9月に入って再開しました。群馬・栃木方面や、埼玉の秩父などをブラブラしています。
秋は、車中泊をするのに最適な季節です。
少し窓を開けて寝袋で寝れば、暑くもなく寒くもなしです。

キャンピングカーの床が少し硬かったのは、ISUKAというブランドの、キャンプ用マットを導入することでかなり心地よくなりました。
あと、カーメイトという会社が販売している網戸を買い、蚊の侵入を防ぎながら窓を開放して眠ることも可能に。

料理は、レトルトのカレーと、レトルトのご飯くらいの簡単なもので済ませています。キッチンも小さいし、床がカーペット敷きなので、山中の車中泊以外では、なかなか料理をする気になれません。ふだんは国道添いのファミレスか、コンビニ弁当が夕食です。

車中泊する場所は、高速道路のパーキングエリア(最近は、本当に車中泊している人が多い)、ファミレスの駐車場(その店に食事をしたついでに宿泊。田舎で土地に余裕があるので、文句は言われない)、あるいは山中の峠道の駐車できるスペースなど様々です。

いつも問題になるのが、日曜日の東京方面の高速道路が大渋滞することです。
中央道方面だと山岳路線なので抜け道がない(国道20号線も迂回渋滞している)のですが、東北道方面だと那須以南は平野部が多いので、意外に抜け道がある(国道294号線など)ことも判りました。

これから紅葉のシーズンなので、11月にかけてまた出かけたいと思います。

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード