FC2ブログ

帰国

アラスカでオーロラを堪能した私は、1月5日にフェアバンクスからアンカレッジ経由でシアトルに移動し、翌6日発のノースウエスト航空で東京に帰ってきました(成田着は7日の夕方)。

P1030325.jpg
(アラスカの山並み)

飛行機が九十九里浜沖に差し掛かり、日本の国土が見えてきたときの気持は、「何とか無事に旅行を終えられてほっとする」気持ちが半分と、「世界一周の達成感」が4分の1くらい、「翌日からの仕事や用事を考えはじめてうんざりする」気持ちが4分の1くらいでした。

日程通りに帰ってくるというのは、この旅の「至上命題」でした。
有給休暇の活用で旅行しているので当たり前なのですが、ボリビアのラパスから疲労の色が濃くなって体調がすぐれず、一時はアラスカ行きを断念しようかとも思ったので、ペースを落としながらも旅がまっとうできたことは幸いでした。

それがイコール純粋な「世界一周の達成感」かというとそうでもなくて、68日間という制約のなかで見どころの「つまみ食い」のような旅程になったことと、一周するのが2度目だったので、1度目ほどの感動はなかったような気がします。

それでも、これといった事故もなく、病院にかかることもなく、見たいと思ったものはほとんど見られたので、旅行そのものは成功の部類に入るでしょう。

問題は、この体験を仕事や、あるいは何か他の表現方法でもいいのですが、自分自身や社会に投影できるかでしょう。
パラグアイ以降パソコンの調子が悪くなって、このブログに書けなかったことは結構あるし、それ以前でも考えたけれど書いていないこと、見聞(人との出会いを含めて)して印象に残ったことはあるのですが、書いていないことは結構あります。
あるいは、日本で調べ直したいこともあります。

それをこのブログに加筆する形でまとめていくのか、全部書き直すのかは、これから試行錯誤しながらやっていきます。

この旅を計画した2008年の春には日本経済も世界経済もまずまず好調だったのですが、出発前にアメリカ発の金融危機が起こり、旅行中に全世界的な製造業の苦戦も浮き彫りになりました。私が働いている業界にも不況の風は吹き荒れています。

「こんな旅をしていていいのか?」と思いつつ旅を続けていました。

それは不測の事態だっから、仕方がないと言えば仕方がない。

旅から帰ると同時に不況の嵐のなかで次の仕事をし、かつ旅の経験を活かす方策を考えます。

このブログにはエピローグがつくかもしれません。
また時々、このページを覗きにきてください。
スポンサーサイト



comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れさん

無事帰国何よりです。社会復帰が大変でしょうががんばってください。こちらも景気後退の影響で経費削減の嵐が吹き荒れています。どこも大変な状況は間違いないはずなのですが、私の担当国は先進国ほど深刻に考えていない能天気さが救いです。ちょっとは危機感持てよという気もしますが。私は会社が私を首にできないように自分の持ち味をせいぜい出すようにしようと思っています。

おかえりなさ~い

今年もよろしくお願いいたします。

連休明け今頃は本格的に始動でしょうか。
長いようで、過ぎてみるとあっという間でしたね。
私事ですが、12月は超繁忙期&人手不足に見舞われ大変な目にあいました。
ここにも遊びにこれませんでしたので、後からじっくりチェックです。
浅井さんの旅パワーをたっぷり頂いて、私もがんばりますぅ。

プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード