FC2ブログ

マチュピチュ

明けましておめでとうございます。

現在私は、ペルーからアメリカ・アラスカ州への大移動を終え、フェアバンクスで年越しをしました(ついでに大晦日に42歳になりました)。

ブログのほうは、話がクスコ到着までで途切れていたので、その後のペルー滞在について記します。

クスコに着いてからも、風邪と高山病で体調があまり上向かなかった私は、訪問場所をマチュピチュなど数ヶ所に絞りました。

25日には、列車とバスでマチュピチュに日帰り旅行。
ここも20年ぶりの再訪なのですが、初回ほどではないにせよ、その美しさと威容に息を飲みました。
よく写真で紹介されるアングルから2時間ほどぼんやり眺めていたのですが、「よくこんな所に街を作ったな」と思います。

P1030094.jpg
P1030109.jpg

かつてマチュピチュは「スペイン軍の攻撃から逃れるため造営された」と言われていたような気がするのですが、どうもスペイン侵攻以前からインカ帝国の離宮だったらしい。

離宮だとすれば、奈良の吉野に少し似た場所のように思えます。
吉野も山の尾根づたいに造られた町で、源義経や後醍醐天皇が逃げ込んだ「避難所」としての役割があったからです(場所は少し違うと思いますが、後に天武天皇となった大海人皇子が隠棲したのも吉野山の近くです)。

そしてクスコでは、市内の「12角の石」や、郊外の要塞跡である「サクサイワマン」などを訪問しました。
いずれもインカ文明のすぐれた石材加工技術を見ることができます。

P1030019.jpg
(12角の石)

P1030151.jpg
(サクサイワマン)

クスコは、とくに中心のアルマス広場周辺が、リゾート地のように発展していました。
広場に面したレストランは、1食30ソル(900円)超が当たり前という雰囲気で、私も宿の人に安めのレストランがどこか聞いてから向かわなければいけませんでした。

いわゆる「ディスコ」もあって、私も一度だけ他のツーリストに連れていかれました。酒を飲んだ後、そんなところで踊れば高山病が悪化するのは目に見えていたのですが、「どこじゃいな、ここは?」と思いながらも、少し踊らされました……。

そんなこんなで、結局なかなか体調が回復せず、「この先の強行軍を考えると少し休まないとダメだ」と思いが至り、27日にクスコから飛行機で首都のリマ(とりあえず標高が低い)に移動したのです。

リマでは「当山ペンション」という日系人経営のホテルに投宿し、ナスカの地上絵遊覧飛行やリマ市内の観光などはまったくしないで、2日間を完全休養に充てました。

30日未明の飛行機でリマからアメリカ合衆国のヒューストンに、そして飛行機を乗り継いでシアトルに移動しました。

シアトル市内で、アラスカの寒さ対策としてダウンジャケットとインナーパンツ(登山用のズボン下)を購入し、ホテルで仮眠をとった後、31日の午前3時に空港に向かい、アンカレッジを経由して昼にフェアバンクに到着したのです。

※この後に向かう、フェアバンクス近郊の山小屋(オーロラ観測拠点)にネットが通じていない可能性があり、次の更新が遅れるかもしれません。
スポンサーサイト



comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あけましておめでとうございます。

どうも!当山でお会いした世界一周夫婦です。
オーロラいかがでしたか?
私たちはアレキパで年を越しました。
これからマチュピチュに向けて、
徐々に高度を上げていく作戦です。
でもクスコはマチュピチュより高いんですね。。。
高山病が心配です。。。

よい旅を!

あけましておめでとう

そして42歳万歳!

オーロラ満喫してきてくださいね。
景気悪化で暗いニュースの多い日本に、
少しでも明るい光を送ってほしい~。

フィナーレに向け、よい旅を。

68連休で世界をらんぶりんぐ!?

あけましておめでとうございます。
新年早々こっちは「今年は仕事がんばるぞー」とか思いながらメールをチェックしてたら、「68連休世界・・」・・。
さすがにやることが違いますね。他人の人生をうらやましがるのはナンセンスと思ってはいても、うらやましい。
どうか、お身体だけは気をつけて。
帰国後元気なお姿にお会いできるのを楽しみにしています。
プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード