FC2ブログ

フランス流デモ

デモに遭遇しました。

外が寒いので、いまいち観光に身が入らず、しかし「パリで引きこもっているのも変だ」という消極的な動機で向かったノートルダム大聖堂。

メトロ1号線のHotel de Villeという駅を降りると、デモ隊が気勢を上げていました。
面白そうなので、ついて行ったのです。

P1010995.jpg

デモ隊はBHVというデパートの周りをシュプレヒコールをあげながら行進し、ついには建物の中に入っていきました。

何のデモなのか知りたくて聞いたのですが、野次馬にかまっている余裕がないせいか、英語が通じない。
同行していた新聞記者か、デモの記録係みたいな人に「このデパートが閉店時間を午後7時から8時に延長したのに、それへの労働対価がきちんと支払われていないことに抗議しているんだよ」と、教えてもらいました。

デモ隊は大声を出しながら、店内を練り歩きます。

P1020013.jpg

デパートの中でデモ行進を見るのは初めてです。
しかも、そのデパートの労働者がです。

デモ隊は、エスカレーターを止めてステップを占拠します。

P1020024.jpg

7階建てのデパートで昇りのエスカレーターを封鎖したので、お客は階段かエレベーターで上階に行くしかありません。
完全な営業妨害です。

労働者側はエスカレーターに座り込んで、シュプレヒコールをあげています。
リーダーがハンドマイクで煽り立てるような文句を言うと、さらに盛り上がります。

客は、エスカレーターが使えないことに文句を言う人も一部いましたが、ほとんどはふつうに買い物を続けている。フランスでは、見慣れた情景なのでしょう。

私も、争議の様子を横目で見ながらデパート2階の書店を見物。結構な大きさでマンガコーナーがありました。ほぼすべて日本のマンガの翻訳版です。

P1020033.jpg

1階では、労働者側と店側の話し合いが続いていました。デモ隊の突入から、1時間半くらい経って、何らかの妥協が成立したようです。
労働者側はエスカレーターの封鎖を解除し、店外の路地で「祭りの余韻」を楽しむかのような集会を開いていました(私も、ノートルダム大聖堂のことは、どうでもよくなっていた)。

P1020043.jpg

うーん。フランスでストが日常茶飯事だとは聞いていましたが、これは驚きでしたね。
デパートの労働組合が、店内でデモをするなんて、日本ではありえない話です。

私は、日本でデモ1回(イラク戦争反対運動)、ストライキ1回(所属する会社の組合活動)の経験があります。
昔は、利用者として交通ストも経験しました。

にしても、こんなデモのやり方があるなんて新鮮でした。

日本人は、どうしても「ストをするとお客に迷惑をかける」とか気にして、労働争議は業務に差し支えない範囲でしかやらない。
だから、航空会社と千葉県のJR以外では、ストの話はあまり聞きません。
プロ野球の労組がストを打ったとき「ストが話題になるのは、久々だなあ」と思いました。

フランス流のやり方がいいのかどうか、一概には言えません。
日本人の感覚では過激でしょうが、フランスの場合、市民(お客)のリアクションは「それは労働者の権利だから仕方ない」という感じです。

日本人とフランス人、給与水準はそれほど違わないと思います。
が、フランス人は残業もしないし、休暇もきちんと取ります。

一方の日本。交通ストに対する市民の反発は強く、鉄道会社の労組もストは打ち辛い雰囲気があります。

おそらく「お客様に迷惑をかけるからストを打たない」という発想と、「上司や同僚の目を気にして残業する、休暇を取らない」という日本人の発想は、深いところで繋がっているような気もします。

「労働者の権利主張の激しさが違う。そりゃあ、日本人の休暇は短いわけだよ」と、妙な納得をした次第でした。
スポンサーサイト



comment

Secret

No title

帰国しました。今回の出張は往路がエールフランス、復路がアリタリアがそれぞれストの為欠航して往生したのです。特にフランスはやたらストが多くて年に数度の出張にもかかわらずその影響を受けることがままあります。
プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード