FC2ブログ

幸福のアラビア

11月27日、イエメンのサナアからU.A.E.(アラブ首長国連邦)のドバイに移動してきました。

ドバイに関しては稿を改めます。
今回は、イエメンに関しての余談を少々。

イエメンという国は18世紀まではアラブの先進地区で、ヨーロッパとアジアをつなぐ「海のシルクロード」の中継地として、そして乳香の産地として栄えました。ヨーロッパ人は「幸福のアラビア」と呼んだそうです。古代、「シバの女王」が君臨したのもここです。

その後、東西の主交易路から外れ、近年まで石油が出なかったため、貧国になってしまったのですが、その分、昔日の面影がよく残っています。

人々は誇り高く、一部を除いて親切です。エジプトやモロッコのように客引きはしつこくなく、旅行中に不愉快な思いをする機会は少ないでしょう。
今日、ドバイ行きの飛行機でJICA(国際協力機構)の人に話を伺ったのですが、「援助を受けるときの姿勢も、エジプトなどと比べると紳士的」とのこと。

ただ、ふつうの人に旅行を勧められるかといえば、ちょっと難しい面があります。

前回も書きましたが、国内線の飛行機がほとんど当てになりません。

サユーンからの復路も、予約確認書に記された出発時間の2時間前に空港に行くと、空港の扉が閉まっていたのです。近くのレストランにいた人に電話を借りて航空会社に問い合わせても繋がらないし、空港には誰もいないしで、「フライトキャンセル?」「スケジュール変更?」などと、なかばパニックになりました(サナアに戻って、翌日ドバイ移動だったので)。

記された時間の30分前にようやく空港の扉が開き、内にいた航空会社の職員に問い質すと、「これは『空港に来い』という意味の時間だよ」との、いい加減な説明。

結局、飛行機の出発は確認書の2時間遅れ。同乗したパレスチナ人に聞くと、「僕はきちんとした時間を知らされていたよ。君の予約確認書? それがイエメン時間さ」と苦笑されましたが。

さらに旅行が難しい理由は、アルカイダやイスラム原理主義ゲリラが砂漠地帯で活動しているらしく、治安が安定していないこと。
陸路で都市圏を離れるときはパーミット(許可状)が必要で、それも結構な手間です。パーミットを取っても誘拐の可能性は残ります(ゲリラが政府に恥をかかせるのが目的で、誘拐されても半日か1日で解放されるのですが)。私は今回、4WD自動車をチャーターしての都市間移動は最初から諦めていました。

また、貧国であるが故に、多くの自動車が他国で使い回された骨董品です。

P1010662.jpg

30年くらい前の車を愛するカーマニアにはたまらない場所だと思いますが、盛大に排気ガスを撒き散らしながら走っています。
サナアは2300メートルの高地なので空気が薄く、サユーンにはパウダー状の砂塵が舞っています。そんなこともあって、気管支系の調子が悪くなりそうでした。

食べ物は西洋料理などはほとんどんなく、イエメン料理を食べるしかありません。
おいしいと言えばおいしいのですが、次第に飽きてきます。
そして料理はほとんど手で食べます(平たいパンでおかずを包み込んで口に運ぶ)。

P1010501.jpg

手で食べるということは、食事前の手洗いが必須ですが、洗面所には石鹸のかわりに衣料用洗剤が置かれてあります(手が荒れるのではないかと思ったのですが、別にそんなことはありませんでした)。

P1010715.jpg

あと、街の掃除が行き届いてなくてゴミが多いのと、それが原因かもしれませんがハエが多くて、ホテルの部屋のなかでハエ叩きに時間を費やしたり……。

まあ、そんなこんなで、旅慣れた私でも「この国の旅行は大変」というのが正直な感想でした。

しかし、貧しい国であるが故に、新鮮な発見もあります。
前回書いた乗用車の後部座席4人掛けもそうでしたが、シバームでレストランがなかったので、空腹しのぎにバナナを買って食べたのです。

皮が余ったので、捨ててもらおうと八百屋のおじいさんに渡そうとすると、「そこに置いておけ」と路地を指差されました。
「郷に入らば郷に従え」ではないですが、路地に皮を捨てると、まもなくヤギがやってきて皮を食べてしまった。

P1010704.jpg

ヤギは紙も食べるくらい丈夫な胃を持っているので、バナナの皮ぐらいは食べられる。
そして、ヤギの乳や肉は地元の人が摂取するのでしょう。

とてもシンプルなリサイクルです。

また、サナアの旧市街にはスーク(市場)があって、道具屋街みたいなのもあります。

P1010626.jpg

なかには鉄筋屋があって、店頭で作業をする様子が見受けられます。

P1010610.jpg


職人の仕事と商いが渾然一体と姿を晒して「生きること」を直に感じさせてくれます。

そういう姿を見ると、私もある意味「職人」なので、「東京に戻ったら、ひと仕事せなあかんな」という気持ちが沸いてくるのです。
スポンサーサイト



comment

Secret

旧車に感動

こんにちは。順調に進まれているようですね、旅程…。以前、お話したとおりコメントさせていただきます。12月に入ってこちらはプロジェクトの締切前のてんやわんやといった状況ですが、この投稿の1枚目にある旧車の写真に刺さってしまいましたので…。中近東は日本の中古車が最後に行き着くところなどという話を以前どこかで聞いたことがあるのですが、まさにそれを表しているようですね。左端に1970年代後半に販売されていたブタ目マークⅡ、真ん中あたりには1980年代初めに販売された日産の名車、430セドリック(またはグロリア)のセダンがありますね。それを挟むようにして同じような車種2台が写っていますが、これは1980年代初めに販売されたトヨタマークⅡ60系の輸出仕様でしょうか? いずれにしろ今の日本ではほとんど見掛けなくなってしまった面々が、今日も海外のどこかで活躍している姿は嬉しい限りです。
プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード