FC2ブログ

続・苦難のバス道中

ルアルパバーンから、バスに乗って首都のビエンチャンに向いました。

ラオスのバス道中が苦しいことは先刻承知だったのですが、陸路でバンコックを目指す意地のようなものでしょうか。

一番設備の良い(トイレ付きの)「VIP」というバスを予約しました(実際は日本の昼行高速バス程度)。

画像 001


予約を入れたのは9番という前方窓側の席。
ところがその席がダブルブッキングされていたのです。

出発前にトイレに行った隙に、私の荷物はどけられて、唯一空いていた「最後部中央の席に行け」と係員が言うのです。
抗議しましたが、「じゃあ降りるか?」と言われ、日中便はこれ以降ないのと日程が押していたので、泣く泣く乗ることにしました。

私は乗り物酔いはしないほうで、バスでも10歳頃以降、一度も吐いたことがないのですが、最後部座席はあまり好きではない。動物の尻尾のように、時間をおいて変な遠心力がかかるのが気持ち悪いのです(ほとんどの人がそうだと思いますが)。
ラオスの曲がりくねった道で、11時間も耐える自信はありませんでした。
走り出してみてわかったのですが、スーパーハイデッカーでサスペンションが柔らかいので、最後部席は余計に揺れるのです。
右に左に、上に下に。

山道を走り始めて1時間足らずで、「これは酔うに違いない」感覚がしたので、運転席脇の階段に移動しました。そこにクッションを借りて座ったのです。
事故が起きた時に危険ですが、ルアルパバーンからの道は対向車とすれ違える幅があったので、「何とかなるか」と思いました。

画像 007
(バス前方からの眺め)

結果的にこれは正解でした。
前方がよく見えるのでカーブに上手く対応でき(内側方向に体の重心を意識してかける)、窓も開くので新鮮な空気が吸えました(他の席は窓が開かず、車内にはかすかにトイレの臭いこもっていた)。

3時間か4時間して、車酔いして嘔吐していたラオス人女性が、「そこの場所と替わってほしい」と言ったきたので、ようやく普通の席に座ることができました。

画像 006
(場所を交換した後のラオス人女性。酔いはかなり楽になったそうでした)

夕方、バンビエンという町で、乗客の3分の1くらいが降りたので、私は別の空いている席に移動し、タイから来ていた観光客(皆、大学出で英語が流暢で、化粧品会社の研究員や、最近まで三菱系の現地法人で働いていた人もいました)や、韓国の国立大学教授(ハノイの学会に参加する前に、アジアを巡っていた)と楽しく話をしながらビエンチャンに着きました(VIPバスなので観光客が多い)。

画像 005
(タイからの観光客。歯を見せるのが記念写真の流儀なのかな?)

最後の3時間くらいはとても楽しかったのですが、それでもビエンチャンに着いてみると、かなり疲れていました。
スポンサーサイト



comment

Secret

No title

順調そうでなにより。「命あって~」なので、物損はがまんがまん。つまらないトラブルに巻き込まれぬよう、東の果てで祈っています。旅をしてる人は楽しいものだけど、家で帰りを待つ人は心配してますよ~。サラリーマン代表として、山超え谷超え、一回りも二まわりも人間がデカクなって帰国してください。毎日、笑って楽しく笑って楽しく  ね。
プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード