FC2ブログ

北極星は山の彼方

昆明から出ることを決めたとき、私は考えました。
シーサンパンナ地方の田園風景を眺めながら、のんびり南下できないものだろうかと。

中国の雲南省からラオスに向かう経路は、シーサンパンナ自治州を通ります。
ここは風景が美しく、「日本の原風景」と呼ばれることもあります。

話がまた20年前の旅行に戻って恐縮ですが、上海や北京を起点に昆明まで辿り着いたバックパッカーたちは、その後2方向に分かれました。
雲南省の大理を目指す者と、シーサンパンナの景供を目指す者に。
大理へは片道8~10時間、景供へは2泊3日の道のりです。
シーサンパンナがいくら美しいと言っても、当時の中国のバス(狭い、遅い、揺れる、故障する)で片道2泊3日の旅は過酷でした。昆明に辿り着くまでに疲弊していた私は、大理行きを選んだのです。

大理はとても美しい場所で、少数民族の人々も素朴。
パゴダのような塔を有する「三搭寺」と呼ばれるお寺。石作りの町並み。
湖もあって、ちょっとした桃源郷のようでした(その後、7年前に再訪したのですが、見事に観光地化していました)。
出会った日本人たちも個性的で面白い人が多かった。

あれから幾星霜。
「シーサンパンナに行ってみたい」という思いは残っていたわけです。

昆明からシーサンパンナ経由でラオスに向かうためには、モンラーという町に行かなくてはいけません。ところがモンラー行きの昼行便が見当たらない。
中国の長距離バスでは寝台付きが一般的で、つまりほとんどが夜行便なのです。
昼行便のある景供経由でも行けなくはないのですが、少し遠回りになって乗換えが多くなり、日程に制約があるサラリーマン旅行者には辛い。

バスターミナルで散々悩んだ挙句、選んだのはラオスのルアルパバーン行きの、国際長距離バスでした。
シーサンパンナの風景は諦めたのです。

11月8日の夕方、私はバスに乗り、南へと向かいました。
中国の寝台バスというのはこんな感じです。

画像 002
画像 003

出発後40分弱で昆明市内の渋滞や喧騒とも別れ、高速道路をひた走ります。

画像 005

中国の高速道路の発達はすごい。
元々土地は国家のものですから、日本のように用地買収で膠着することもない。
ラオス国境の手前まで、ほとんど高速道路が通じていました。
寝台バスの乗り心地もなかなか良くて、ごろごろしながら車窓から星を見ていました。

オリオン座とカシオペア座って同時に見られるのですね。
東京に住み始めてから、旅行中以外は星を見なくなっていたので、久しぶりに気付きました。
カシオペア座のW形の角から北極星を探したのですが、これが空の低い場所、山の彼方といった感じのところにある。
北極星が低く見えるのは、南に来ている証拠です。
「北回帰線は越えたかな?」なんて考えながら眠りに就いたのです。

なかなか快適なバス旅でした。
国境を越えるまでは。

この後、ラオスの行路で地獄を見るとは思いもしませんでしたが……。
スポンサーサイト



theme : 中国
genre : 海外情報

comment

Secret

プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード