FC2ブログ

森ビル

P1010034.jpg

リニアの次は、超超高層ビルです。

お上りさんみたいだけど、「近未来都市」を見たくて上海に来たので、そういう順番になります。

「上海環球金融中心」は100階建てで、尖塔部を除いて492mあり、実質的には現在、世界一高いビルです(尖塔部を含めれば、台湾のTaipei101が509mでトップ)。

私は、ニューヨークのエンパイア・ステート・ビルディング(381m)を見たことがありますが、それより高いことはすぐに判りました。

お上りさんは高い所に昇るのが基本ですから、展望台まで行きました。

ですが、期待していたほどの眺めではありませんでした。
天気のせいか、大気汚染のせいか、「もや」がかかって遠くがよく見えないのです。

P1010031.jpg


展望台に流れるプロモーションビデオでも、風景はかすんでいたので、これが普通なのかもしれません。

このビルの施主は森ビルグループです。
プロモーションビデオでは、「ビルを高層化して、空間を効率的に使いましょう」云々のメッセージが流れていました。

これは森ビルまたは創業者森一族の、信念、信仰みたいなものです。

が、私は「本当か?」と思いました。

効率的に使っているはずなのに、なぜ、賃料が高くなるのでしょうか?

ビルを高層化すればするほど、建設コストがかさむからです。

賃料が高いので、六本木ヒルズなどの入居者も、IT、コンサル、外資系金融などが中心となります。背伸びして入居する企業が多いから、トラブルも多い。最近はショッピングゾーンでの閉店も多いと聞きます。

「上海環球金融中心」も、夕方見ると、照明の入っていないフロアが目につきました(一部がホテルだからなのかもしれませんが)。

私は、ビルを高層化して効率的になるのは、その地域の土地代が目茶苦茶高い場合(東京都港区、ニューヨークのマンハッタン島など)の話ではないかと思います。

上海の経済発展が著しいといっても、492mは背伸びという気がします。年率9%で成長する中国のことだから、そのうちテナントは埋まるかもしれませんが……。
ただ、周辺の30~50階の高層ビルとの賃料競争に勝てるのか? つまり実利を重んじる中国人が、超超高層ビルという理由で高家賃を受け入れるのかという疑問はあります(中国人は見栄も張りますが)。

ちなみに、この旅では、ドバイでもっと高いビル「ブッシュ・ドバイ(建設中)」を見る予定です。

結局、私も超高層ビルが好きなのかもしれません……。
スポンサーサイト



theme : 中国
genre : 海外情報

comment

Secret

プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード