FC2ブログ

リニアモーターカー

P1010010_convert_20081103115012.jpg

上海は、20年前とはまるで別の街でした。

人々の服装、自動車の多さ、ビルの高さ。
日本とあまり変わりがありません。

20年前はまだ社会主義国で、ホテルや店の従業員の態度が横柄だったのですが、今はサービスもよくなっています。
たとえば地下鉄で切符売り場が見当たらず、「服務中心」で行き先を書いた紙を出したところ、その服務員がわざわざ切符売り場まで買いに行ってくれた時には、日本でもないサービスなので、面食らいました。

とりあえず最初は、龍陽路と上海空港を結ぶリニアモーターカーに乗りに行きました。
これは営業路線としては世界唯一の高速リニア鉄道で、最高速度431キロで走行しています。

P1010014.jpg


100キロ、200キロ、300キロと加速して、400キロを超えたのですが、日本の新幹線より明らかに速い。
併走する高速道路の自動車が、一瞬止まって見えるほどです。

システムの多くはドイツのシーメンス社によるもので、新幹線のように国産技術(といっても、欧米の技術も入っていたと思うが)ではないけれど、これを導入する思い切りは、さすが中国です。

上海の後で東京に来た人が、成田エクスプレスや京成スカイライナーに乗って「何だこれは、遅れている国だな」と思うのが心配なほど、落差がありました。




スポンサーサイト



theme : 中国
genre : 海外情報

comment

Secret

プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード