FC2ブログ

「太陽の塔」

8月中旬、大阪へ帰った際に、「太陽の塔」を観てきました。

「太陽の塔」は、1970年に開催された日本万国博覧会の際に制作され、万博終了後も取り壊しを免れて残っていたのですが、近年内部の修復が行われ、昨年3月から内部の再公開が始まっていました。

P_20190817_191336.jpg

ただ、再公開当初は見学の予約を入れるのが難しく、行けるタイミングを見計らっておりました。

開始から1年が経ち、時間帯を選ばなければ予約できるようになったため、足を運んだのです。

P_20190817_195630.jpg

予約された時間に入場すると、岡本太郎さんの描いた塔のイメージ図が展示されていました。

P_20190817_192318.jpg

P_20190817_192339.jpg

P_20190817_192419.jpg

テーマ館の展示プロデューサーだった岡本さんは、お祭り広場の真ん中に、一目で分かるような造形を置くことを提案したそうです。
しかし、建物の設計を担当した丹下健三氏は、万博のシンボルタワーが別にあることを理由に拒否。
会議の最中、丹下氏と岡本さんの議論が昂じて、各々の弟子を交えた殴り合いの喧嘩になったとのこと。

通産省の官僚だった堺屋太一氏らが調整して、丹下氏の設計する大屋根から「太陽の塔」が突き抜ける形にすることで、実現に漕ぎ着けたのです。

塔の内部には「生命の樹」という作品が収められています。

生物の進化の歴史を、下から上に模型を配置しながら、追体験できる構成になっています。

万博のテーマが「人類の進歩と調和」だったので、進化に絡む展示にしたのでしょう。

P_20190817_193409.jpg

P_20190817_193604.jpg

そこは、まさに「岡本太郎ワールド」でした。

私は子供の頃から岡本太郎さんの作品が好きで、高校時代には展覧会に行っていました。
そこからピカソやダリに興味が広がり、現代アート全般が好きになり、瀬戸内や越後妻有の広域芸術祭に足を運んでいます。

雑誌や書籍の編集者として、デザインを考えることもあったのですが、現代アートの影響を受けていると思います。
岡本太郎さんが高く評価をした、ジミー大西さんの絵本を編集したこともありました。

そういう意味で、岡本太郎さんの芸術は私の「原点」のひとつなのですが、今回、その凄さをあらためて実感したのです。

ちなみに、私は彼のオブジェ(造形作品)と、言葉がとくに好きです。

岡本さんの言葉を聞くなら、川崎市の岡本太郎美術館がいい。

久しぶりに、川崎へ行ってみようかと思いましたね。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード