FC2ブログ

北アルプス周辺

8月中旬に短い夏休みを取って、マイカーで旅行してきました。

当初、夏休みはお盆明けに屋久島へ行く計画だったのですが、7月から新型コロナ感染症が再流行。
さすがに離島滞在は難しいと思い、信州に行くことにしたのです。

以前から北アルプスでトレッキングをするプランがあり、今回はそれを主目的にしました。

1日目。東京から、甲府、松本を経由して白馬で投宿。

2日目は、あまり天候が良くなかったので、山ではなく海に向かいます。
白馬から50㎞ほど北上すると、日本海側の糸魚川。
糸魚川から、海沿いに富山方面へと向かうと、親不知海岸(正式名称は、親不知子不知)があります。

117388920_4179865922085011_3609773164437981644_o.jpg

北アルプス(飛騨山脈)の山塊が、そのまま日本海に突っ込んでいるような険しい地形です。
江戸時代まで、北陸と越後を繋ぐルートはここしかなく、大名の参勤交代を含め、親不知を通っていたらしい。
歩行できそうな浜がある部分もあれば、ほとんどない部分もあり、ここをどうやって通ったのか、不思議です。
実際、渡っている途中に命を落とす人もいたらしい。

明治以降、崖に沿った道路や線路が開削され、行き来はしやすくなります。
今では、新幹線や高速道路も、橋やトンネルによって、親不知を貫通しています。

2日目は、ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継いで、栂池高原へ。
ゴンドラリフトは、冬はスキー客が乗るものを、夏はハイカーが利用しています。
おかげで、標高約1800mから歩き始めることができるのです。

117255574_4185013334903603_8633942869489332109_n.jpg

標高約1800mなので、平地と比べると涼しいのですが、何せ1年でもっとも暑い時期なので、高原でも20℃台後半はあったと思います。日差しも強かった。

栂池高原には「栂池自然園」という、公園のように管理された区画があって、湿原などを自然な状態で見ることができます。

P_20200810_101134_vHDR_Auto.jpg

「展望湿原」というポイントからは、白馬岳の大雪渓が眺められます。

P_20200810_121852_vHDR_Auto.jpg

「雪渓」と「氷河」は、外観が似ていますが、ここでは氷体は確認されなかったようです。
積もった雪が圧力によって氷にならないと、氷河とは認められないとのこと。
なので、これは大きな万年雪と言えるかもしれません。
ちなみに日本でも、他に7ヵ所氷河が確認されている場所があります。

栂池高原を5時間ほど歩いて、またゴンドラリフトに乗って下山。

マイカーに乗り換えて白馬のペンションに戻ったのはいいのですが、ペンションの部屋にはエアコンがなかった。
20年以上前のウインタースポーツ全盛期に建てられたペンションですから、日本全体がその後これほど暑くなることは想定されていなかったのでしょう。
夜は暑苦しくて眠れないというほどではないのですが、夕方は部屋が結構暑い。

地球の平均気温が上がっていることは、高原の旅にも影響しているようです。

3日目は、長野電鉄の前面展望車両に乗ります。

P_20200811_135613_vHDR_Auto.jpg

かつて小田急電鉄を走っていたロマンスカーが、長野電鉄に譲渡されたものです。

P_20200811_134010_vHDR_Auto.jpg

前面展望列車が好きだと言うと、子供みたいなのですが、運転士気分が味わえて、実際面白い。
小田急を走っていた頃は、展望室の指定席を予約するのが一苦労。
長野電鉄では、自由席なので、始発駅である程度待てば、展望室に座ることができます。
沿線風景も、扇状地を下ったり、果樹園の中を疾走したりと、なかなか味わいがあります。

と、まあ信州の旅を楽しんでいたのですが、8月中旬は信州でも日中は30℃を超える猛暑で、外を歩き回っていると熱中症になりかけました。
ある店舗で、入るときに体温を測られ、顔が火照っていることに気がついたのです。

旅先でリアルな熱中症になっても仕方ないですから、予定を1日繰り上げて東京に戻りました。

1日自宅で静養してから、出勤したのですが、正直、会社で働いているほうが楽です。

お盆時期に夏休みを取ったのは久しぶりだったのですが、暑い盛りに夏休みを取るのは賢くないことを思い知ったのが、今回の教訓でした(笑)。
スポンサーサイト



プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード