FC2ブログ

熊野古道

私たちが子どもの頃、あまり有名ではなかったけれど、ここ10年ほどで脚光を浴びたスポットとして、「熊野古道」があります。
2004年に高野山、吉野山とともに、ユネスコ世界遺産に指定されてから、知名度が上がったのでしょう。

私も関西出身ながら、住んでいた頃には歩いたことがありませんでした。
今から十数年前に、日本史の雑誌を編集していたことがあって、平安時代の皇族や貴族が盛んに熊野詣をしていた話を知り、「いつか機会があれば、訪ねてみたい」と、思っていたのです。

東京から熊野は、結構遠い。

羽田空港から白浜空港まで直行便で飛べば、時間もかからないのですが、日本航空の単独運航路線で、運賃が割高。
なので、競争の激しい成田-関空線のL.C.C.を利用して、関西空港から鉄道で南下するプランを立てました。

初日は、関空からJRの鈍行列車で田辺市に入り、1泊します。

熊野古道は難波(大阪)から田辺までは、だいたい海沿いルートで南下し、ここから富田川を遡上する内陸ルート「中辺路」で熊野三山に向かいます。

平安京から熊野への直線距離で言えば、奈良から吉野、十津川経由のほうが短いのですが、現在でも2車線の国道を作り切れないほど険しい山岳地帯のため、田辺経由がメインルートとなったようです。

JR紀伊田辺駅前からバスで、発心門王子前に移動。
ここから熊野本宮大社までの、約7キロを歩きました。

DSCF4155.jpg

DSCF4219.jpg

参詣道の跡は、車道に拡幅されている部分もあれば、山道もあり、石畳道もあります。
石畳道などは江戸時代に、紀伊徳川家によって整備されたらしい。

周囲は針葉樹林なのですが、天然林なのか人工林なのかは判然としません。
平安時代人が見た景色は、針葉樹林だったのか、照葉樹林だったのか、どうだったのでしょうか?
まあ、植生が気になった以外は、静かで趣のある道でした。

2時間半ほど歩くと、熊野本宮大社に着きます。

DSCF4234.jpg

熊野本宮大社は、社殿が三つ並んで見えるのですが、手前の棟は、第一殿と第二殿が併設されているとのことで、都合四殿から構成されています。
私も神社建築に詳しくはないのですが、熊野本宮大社独特の様式だったかと思われます。

もう一度バスに乗り、河原にお湯が湧いていることで有名な、川湯温泉に到着。
高校2年生のときに、初めての長距離バイクツーリングで泊まった宿に、再泊しました。

翌朝、川湯温泉から、八木駅前ゆきの、路線バスに乗車します。

DSCF4291.jpg

このバスは、高速道路を使わない路線バスとしては日本でもっとも長い路線で、和歌山県の新宮市から、奈良県の橿原市まで、167キロを6時間半かけて走ります。
距離の割に時間がかかるのは、紀伊半島南部の山岳地帯を蛇行する川に沿って走るからです。

バスは熊野川に沿って北上。
奈良県に入ると、川は十津川と名称を変えます。
十津川村は、奈良県の約5分の1を占める「日本最大の村」で、2011年夏には土砂が川を塞いでダム湖のようになるほどの、大水害に見舞われました。

そんな十津川村を象徴する景観の一つが、「谷瀬の吊り橋」です。

国道168号線から十津川を挟んだ集落が、自ら資金を集めて1954年(昭和29年)に架けた橋で、観光用を除けば、長さ297メートルと日本最長の吊り橋となります。
架橋当時はまだ林業が盛んで、村人が自分たちで橋を架ける経済力があったのだろうと思います。
ちなみに吊り橋ができるまで、対岸住民はいったん河原に降りて、丸木橋を渡っていたそうです。

DSCF4374.jpg
(バスは「谷瀬の吊り橋」で、20分ほど休憩する。休憩中に対岸に渡って写真撮影)

写真にあるように、十津川は谷が深い。
川沿いの国道168号線も、まだ3分の1くらい、1車線の部分が残っています。
バスが1車線の道で四輪車と対面すると、どちらかの車がすれ違える場所まで下がります。

私は、高校2年生のとき、50ccのバイクに乗って、この道を北から南へ走っていました。
当時と比べると、改良はされていているものの、今も険しい道なのです。

バスは、紀伊山地から吉野川(紀ノ川の上流部分、奈良県内での呼称)沿いの五條市に出ます。
川湯温泉から、4時間ほどの道のり。
五條市にはJRが通じているので、バスを降りました。

バスは自分が運転する訳ではないので、少し車酔いしました。
が、久しぶりに十津川の深い谷を見られて、懐かしかった。

紀伊半島南部は山が険しく谷が深く、雨が多い気候もあって、何となく霊気が漂っているよう。
平安時代の皇族・貴族も、この霊気のようなものに惹きつけられて、参詣を続けたのかと。

東日本からは交通の便が悪いのですが、古道をゆっくりと歩けば、歴史の息吹を感じられるかと思います。
スポンサーサイト



ジャワ島

年末年始に、インドネシアへ行ってきました。

インドネシアの旅先と言えば、バリ島を思い浮かべる人が多いでしょうが、以前に行ったことがありました。

今回はリゾートではなく、人々の日常生活を垣間見ようということで、主要都市があるジャワ島を目指したわけです。

成田空港から香港乗り継ぎで、約12時間。
インドネシアは東南アジアでも南方に位置するだけあって、結構時間がかかります。

東京-ジャカルタの直線距離が約5500キロとのことで、東京-大阪の約11倍。
飛行機での長距離移動が久しぶりだったので、ちょっと疲れました。

ジャカルタで1泊して、翌朝の長距離列車でスヤバヤに向かいます。
インドネシアの列車は1等から3等まであるのですが、1等車を予約してあったので、なかなか快適。
田舎町やら田畑やらを見ながら、約9時間でスヤバヤに到着します。

IMG_1956.jpg

スヤバヤでも1泊し、翌日の列車でジョグジャカルタへ。前日の路線よりやや鄙びた感じの農村地帯を走ります。

ジャワ島は稲作が盛んで、年中耕作が可能な気候もあって、田植え期、生育期、収穫期など様々な段階の田んぼが混在していました。

IMG_1955.jpg

IMG_1965.jpg

車窓から見ると、浅い水田もあれば、胸まで浸かるような深い田んぼもあります。
で、下手に機械を使うより、人力のほうが安いのか、ほぼすべての農作業が人力で行われていました(耕運機くらいはあるかもしれません)。
実際に農作業をしている人にとっては重労働でしょうが、旅行者からすると、長閑な田園風景に見えるのです。

ジョグジャカルタでは2泊し、ボルブドゥール遺跡を訪ねます。
ツアーバスだと、出発がやたら早くて(午前4時発など)起きられないので、朝はふつうに起きて、路線バスで遺跡に向かいます。

P_20161231_174641_1.jpg
(ジョグジャカルタの町並み。馬車がまだ走っていました)

P_20170101_103642.jpg
(バスターミナルでは、車上芸人による生演奏が。なかなか上手かった)

路線バスは地元の人との相乗りなのが楽しいのですが、乗り心地が悪く(サスペンションやシートが硬い)、エアコンもなくて、とにかく暑い。
バスが走っていれば、風が入ってきていいのですが、渋滞に嵌まるとサウナ状態。
乗っているだけで、熱中症になりそうでした。

ボロブドゥールは、世界最大の仏教遺跡。

IMG_2114.jpg

たしかにスケールは大きいのですが、アンコールワット同様に総石造りで、南国の太陽光をたっぷり浴びて、遺跡全体が焼け石状態。
体脂肪率20%台の私は、ほとんど石焼きカルビのような焼身になったのです。

とりあえず熱中症予防で、大塚製薬が現地生産している「ポカリスエット」を2本飲みます。
地元の人たちのように、傘をさそうかとも思ったのですが、写真が撮りにくくなるので諦め、日焼け止めでしのぎます。

ツアーの出発が早朝なのが、ようやく理解できました。
日中の暑さを避ける意味合いもあると……。

インドネシアはイスラム教徒が多く、仏教徒はほとんどいません。
なので、来場者は宗教的というより、物見遊山的な雰囲気でした。
「聖地」っぽくないということです。
まあ、宗教の盛衰が激しい地域だから、やむを得ないですが。

ジョグジャカルタで年を越し、さらに列車でバンドンに向かいます。
途中は結構な山岳路線。

15825914_1369853826419582_571678623900948613_n.jpg

インドネシアはスマトラ島からジャワ島、バリ島と南側に背骨のような山塊が貫いています。
これは海洋プレートがぶつかる所にできる地形で、日本や台湾、ニュージーランドと同じ。
なので、大地震や大津波が起こるわけです。
そういう意味で、日本人には親近感のある地形とも言えるかもしれません。

1月2日にバンドンに1泊してから、ジャカルタに戻ります。
ジャカルタでは近郊路線に、山手線や京浜東北線の中古電車が使われているのが、面白かった。

IMG_2303.jpg

朝夕ラッシュ対策の6扉車を久しぶりに見かけたのですが、日本では3人掛けのところ、インドネシアでは4人掛けで使われているようで、その窮屈さが、ちょっと可笑しかったです。

IMG_2312.jpg

若い女性が、男性と詰め詰めで座っているところを見ると、「イスラム教徒がこんなこと(接触)していいんだったっけ?」と、疑問に思わなくもないですが……。

インドネシアは、中国やタイほど急激に発展していなくて、昔のアジアののんびりした雰囲気を残しています。
時たまテロが起こりますが、旅をしている限り、体感治安は悪くない。
独立の経緯もあってか、割と親日的。
多民族国家なので、他文化に寛容な側面もあります。

これまであまり行ったことがなかったけれど、旅先としていい場所のような気がします。

と言っても、日本から微妙に遠いのが、難点かもしれませんが……。
プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は知財・契約管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード