FC2ブログ

原発被災地

福島へ行ってきました。

大震災から3年半。人類のネガティブな歴史の舞台となるであろう福島第一原発周辺地域を、この目で見ておきたいと思いつつ、なかなかきっかけが掴めないでおりました。

そんななか、被災地を南北に貫く国道6号線が、9月15日から許可証なしで通行できるようになったっという報道が、私の背中を押したのです。

今回は、東京からいわき市に高速バスで移動し、市内のホテルに宿泊。
翌朝、レンタカーで原発周辺地域に向いました。

いわき市から広野町、楢葉町と北上し、富岡町に入ります。
国道6号線から海側の脇道に逸れ、居住制限区域に入ると、がれきの片付けが行われていました。

IMG_0080.jpg

岩手県などでは2~3年前におこなっていた作業なのですが、福島では放射線のために復旧工事が遅れているのでしょう。
津波で破損した建物もそのままで、汚染土などが収容されたと見られる黒い袋が大量に置かれてありました。

IMG_0085.jpg

JR富岡駅は、津波で破損された姿そのままでした。

IMG_0087.jpg

IMG_0130.jpg

駅前の町も津波の傷跡が生々しい。

IMG_0141.jpg

そして、国道6号線に戻り、大熊町、双葉町、浪江町を目指します。
沿道は防犯のため、家々の前にバリケードが設置され、脇道にもバリケードが設置されていました。

IMG_0100.jpg

JR双葉駅に向かう道にもバリケードが設置されていたのですが、その奥には「原子力 明るい未来のエネルギー」の看板が、そのまま立っていたのです。

IMG_0110.jpg

いったん、南相馬市に抜け、帰路も国道6号線を通ります。
すべての脇道は封鎖されるか、警備員のチェックがあったのですが、ひとつ、交差点から入れた道があったので左折してみました。
どうして入れたのか不思議でしたが、それは福島第一発電所への道だったのです。

IMG_0120.jpg

「ようこそ」と歓迎されても困るのですが、しばらく走ってみました。
1、2分走ると検問があり、そこから先は通行証がないと入れないようでした。

IMG_0123.jpg

事故現場まで1キロちょっと。さすがに被曝が怖くなったので、そそくさとUターンしました。

先ほどの「ようこそ」の看板の裏には、こんなメッセージもありました。

IMG_0124.jpg

震災前に立てられたのでしょうが、感謝されても……っといった印象ですね。

原発事故の周辺を廻ったといっても、ボランティアをした訳でもなく、ただ見てきただけなのですが、安倍首相の著書『美しい国へ』とは対極の姿がここにあると思いました。
首相自身は原発の再稼動に積極的で、この辺りの”美しくない風景”は見ないことにしているのかもしれませんが。

原発問題に関しては、最近、吉田調書の問題が出て、朝日新聞社や菅直人元首相が批判されていますが、それは枝葉の話です。根本的な問題は、電力業界、産業界、自民党がどう絡んで、原発を地震の多い日本に導入したかではないのでしょうか。

事故が起きた時は、たまたま民主党政権でしたが、原発を作ったときの政権党は自民党だったのですから。

石原前環境大臣の「金目」発言が問題になりましたが、自民党の本音は「貧困地区だった福島県北部沿岸地域に、補助金をバラまいて原発立地を促した」ということではないですか。

風力や太陽光発電は安定しないにせよ、地熱発電や小水力発電(川の流れを活用した水力発電)の話はどうなったのでしょうか?

「喉元すぎれば熱さ忘れる」ではありませんが、政府や産業界は「原発周辺の堤防も増強したし、そろそろいいでしょ?」ばかりに再稼動に流れをもっていくような気配が感じられます。

事故を風化させないためにも、皆さんにも原発周辺の様子を目にされることを、お勧めします。
スポンサーサイト



外国人が満足するニッポン

ある日、新聞を読んでいると、「外国人旅行者に人気のあるスポット」のランキングに目が留まりました。

日本の観光情報を、英語で発信している民間のウェブサイト「ジャパンガイド」が、訪日観光客を対象に、満足度、人気度を算出して、「ジャパンガイド・ランキング」を公表したとのことです。

ランキングは100位まであるのですが、
1位、白川郷の合掌造り
2位、宮島
3位、乳頭温泉郷
4位、清水寺
5位、出羽三山
6位、伏見稲荷大社
7位、屋久島
8位、高野山の僧坊
9位、姫路城
10位、西表島
11位、さっぽろ雪祭り
12位、恐山
13位、東大寺
14位、青森ねぶた祭
15位、広島平和祈念公園
と、こんな具合に続いています。

日本人に人気が高いスポットも多いのですが、意外なスポットも上位にランクインしています。

私が、まず「?」と思ったのは、伏見稲荷大社でした。
日本人のイメージだと、「初詣客でにぎわう商売の神様」で、観光地としての評価はさほど高くありません。
私も子供の頃、親に連れられて行った記憶がありますが、大人になってからの記憶はありません。

関西に帰省した際に、立ち寄ってみました。

ジャパンガイド社長のステファン・シャウエッカー氏が書いた『外国人が選んだ日本百景』(講談社+α新書)によれば、「あの朱塗りの鳥居の多さといったら! このような風景は、ほかの国では見たことがありません。」「それは外国人にとっては息をのむ体験となります。」と記述があります。

本殿の後ろ側に「千本鳥居」があるのですが、それが外国人観光客の心を打つようです。

IMG_4264.jpg

訪ねてみた私の正直な印象は、「壮観と言えば壮観だけれど、ベスト10に入るようなものか?」でした。
氏子が結構な金額を寄進すれば、鳥居が建てられる。
商売の神様ということで、現世利益と信仰が混在するような「臭い」があるのです。

別に、商売繁盛を願って鳥居を寄進することが、悪いことだは言いません。
ただ、日本人はそういう構造を知っているので、「感動」まではしないような気がします。

外国人観光客はそこまで分ってないのかもしれません。

まあ、世界には「日本人だけがやたらと訪ねるスポット」(モンサンミッシェルなど)というのがありますからね。

ツーリストの持っているバックグラウンドによって、感動するポイントが異なるということなのでしょう。
プロフィール

浅井潤水(じゅんすい)

Author:浅井潤水(じゅんすい)
大阪生まれ、5歳より18歳まで奈良で育つ。大阪の大学を卒業後、東京の出版社に就職。総合月刊誌、写真週刊誌、ワンテーマ・マガジン、新書、文庫などの編集に従事した後、現在は書誌情報の管理部門勤務。
おもな担当書に、下川裕治『格安エアラインで個人旅行が変わる!』、鳥塚亮『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』、松尾貴史『ネタになる統計データ』、小篠綾子『コシノ洋装店ものがたり』、吉田友和『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』、坂井優基『現役機長が答える飛行機の大謎・小謎』、三浦展・菊入みゆき『職場で“モテる”社会学』、碓井孝介『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』、『「男はつらいよ」寅さんロケ地ガイド』、週刊「昭和の鉄道模型をつくる」、ジミー大西『トーテンくんのオーケストラ』などがある。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード